健康デザイン学科からのお知らせ

健康デザイン学科TOP > お知らせ > ミャンマーコーヒー
プロジェクト!

2021/09/09
ミャンマーコーヒー
プロジェクト!


ミャンマーコーヒープロジェクトチームの紹介です!

みなさんこんにちは!!

健康デザイン学科3年「ミャンマーコーヒーを広めよう」プロジェクトチームです。

今回は、私たちのプロジェクト活動について皆様に知っていただきたいと思い、この記事を書かせていただきました。

 

ミャンマー産コーヒーの需要を増やし、ケシ栽培の抑制に貢献したい

皆様はミャンマーという国をご存じでしょうか?東南アジアに位置する国で、美しい遺跡や豊かな自然にあふれた国です。現在はクーデターの発生など、ニュースで耳にする機会もあるのではないでしょうか。自然が豊かである一方、山間部では村人たちが生活のために合成麻薬の材料となるケシを栽培しており、ミャンマーは世界第2位のケシ栽培国となっていました。そこで、国連やJICAなどが支援しながらケシから代替作物への転換を行い、ケシ栽培からの脱却を図っています。この活動をさらに多くの人に知ってもらい、ミャンマー産コーヒーの需要を増やし、ケシ栽培の抑制に貢献したいという目的で活動を始めました。

 

企業との連携・パッケージデザイン・エシカル消費展について

私たちは健康デザイン学科の3年生5名と教員1名の計6名で活動しております。

お世話になっている企業の方との連携やパッケージのデザイン案など、学生が主体となってプロジェクトを進めています。月に数回開催しているミーティングでは毎回和気あいあいとした雰囲気の中、活発な意見交換を行っています。

 ミーティングでは、実際にコーヒーの試飲会を行い、焙煎温度の違う2種類を飲み比べました。初めはどちらか1つを配布する予定でしたが、試飲の結果、どちらも違った風味でおいしかったため、2種類配布することに決めました。

 今後、クラウドファンディングの御礼や、秋に開催される「せたがやエシカル消費展」への出展・配布でミャンマーコーヒーを皆様に味わっていただきたいと考えています。

 

クラウドファンディングへのお力添えをお願い致します

現在は、8/17~9/17の期間でクラウドファンディングによる資金集めを行っています。9/8現在、目標金額の半分を達成しましたが、活動のためにはまだまだ資金が足りない状況です。

この記事を読んでいただいた皆様にも是非お力添えいただきたいと考えております。

下記に私たちのクラウドファンディングのページを載せております。プロジェクトの内容など更に詳しく記載しておりますので、読んでいただけますと幸いです。

https://readyfor.jp/projects/myanmar_coffee1027

 

 

このプロジェクトを成功させるべく、プロジェクトチーム一丸となって今後も活動してまいりますので、応援のほどよろしくお願いいたします!