学科紹介

栄養士としての知識・技術をベースに健康のスペシャリストを育成

栄養士養成を目的としたカリキュラムを基本に「食と健康」について科学的に学び、専門的な知識と実践力を養います。
また+αとして「食科学」「感覚」「運動」の3つの関連する専門領域が用意され、より広く深く学ぶことができます。卒業と同時に栄養士の資格を取得できるだけでなく、中学校・高等学校教諭一種(家庭・理科・保健体育)および栄養教諭二種の免許、健康運動指導士受験資格も取得可能です。


健康デザイン学科の特長

科学的に「食と健康」を追求

「食と健康」について、人体の構造や生理・食品成分など、科学的な視点から学び、専門的な知識と実践力の修得をめざします。卒業と同時に栄養士の資格を取得することが可能です。

プラスαとして「食科学」「感覚」「運動」を広く深く

食育・食文化・食品機能など食全般について学ぶ「食科学」、化粧品や美容と健康の関わりを学ぶ「感覚」、運動・スポーツと健康の関わりを学ぶ「運動」などの時代のニーズに応えた多彩な健康デザイン領域科目が用意されています。1年次から各種の領域に触れ、興味と目標に沿って専門性を磨きます。

豊富な実験・実習で養う栄養士としての知識と実践力

2年次からは専門の講義科目と実験実習科目を履修します。自分で手足を動かし、目で確かめ、考察する作業を繰り返すことで、栄養士としての知識と実践力を養います。

多彩な進路への挑戦

プラスαの専門性を身につけることで、食品関係に加えて、健康、美容、スポーツなどに関連する企業や施設など多彩な進路をめざすことが可能になります。さらに、中学校・高等学校教諭一種(家庭・理科・保健体育)および栄養教諭二種の免許、健康運動指導士受験資格も取得可能です。

大学院との連携

大学院生活機構研究科・生活科学研究専攻へ進学して、「食と健康」について科学的に研究し、より専門性を深めることで、研究や教育の専門職をめざすことも可能です。