資格&就職先事例

健康デザイン学科TOP > 資格&就職先事例

学べること / 資格で活躍できる就職先事例


食と健康に密着した、多彩なキャリアデザイン。

栄養士だけでなく多様な資格の取得が可能です。「食と健康」のスペシャリストとして、社会の様々なフィールドで活躍する人材を育てます。


取得できる資格

・栄養士

・管理栄養士受験資格
(1年間の実験経験が必要、最短で卒業後2年)

高等学校教諭一種
(家庭・理科・保健体育)
中学校教諭一種
(家庭・理科・保健体育)
栄養教諭二種
※管理栄養学科の科目を履修することで得られます。当該資格取得のための単位は、卒業要件外となります。管理栄養士合格後は一種に転換します。
健康運動指導士受験資格
フードスペシャリスト受験資格
サプリメントアドバイザー受験資格
HACCP管理者
図書館司書・司書教諭
社会福祉主事(任用資格)


次のような人材を育成いたします。

1. 健康の増進や疫病予防のための食事や食品の製造、
品質管理およびそれらに関する情報を発信・提案することができる人材

2. 食品の成分や安全性に関わる分析・測定・解析を行う基礎的な能力を有し、情報を発信・提案することができる人材

3. ヒトの美しさを内面から支える生活の提案、情報の発信をすることができる人材

4. 年齢やライフスタイルを考慮した様々な食と運動の情報提供と実践的な指導をすることができる人材

5. 中学・高校の教員として、科学的な知識と食・健康の知識を活かした教育・食育・指導ができる人材

めざす職業に合わせた履修(科目)モデルを 用意しています。

取得した資格を生かして活躍できる就職先

病院・医療 栄養士

病院・医療 / 栄養士

栄養指導の為の企画や傷病者に対する療養の為に必要な栄養の指導

医療現場において、疾病の回復を図るために、栄養管理や食事療法などを行います。 病気の治療にはその病態、症状に応じた栄養療法が大変重要な意味を持ち、患者の栄養状態を的確に判定、 心身の状態にあった栄養補給を行うことが症状の悪化や再発を防ぎ、病状の改善や回復につながります。

病院・医療 栄養士

老人・福祉施設 / 栄養士

彩りよく飽きのこない栄養バランスの取れた献立作成も、栄養士の仕事です。

栄養と同時に心のケアを提供するのが高齢者施設で働く栄養士の役目となります。 彩りよく飽きのこない栄養バランスの取れた献立作成なども栄養士の仕事です。お弁当サービス含め、入居者の食事は、食べやすさも工夫していかなくてはなりません。

病院・医療 栄養士

スポーツ施設 / 健康運動指導士

安全かつ適切な運動プログラムを提案・指導

健康運動指導士とは、保健医療関係者の方と連携をとりながら、ひとりひとりにあった運動のプログラムを作成したり、指導計画の調整をして、生活習慣病などにかからないよう手伝いをする専門家のことを言います。 スポーツ施設、フィットネスクラブなどで活躍していきます。

病院・医療 栄養士

食品会社 / 栄養士(商品企画)

栄養価や味、食の安全性を遵守し市場でヒットしている食品や料理を調査しながら市場のニーズを探る

食品メーカーで商品開発を担当する栄養士は商品が市場に流れるまでの間、 工場の現場や企画、営業、デザインなどの様々な部署の人達と協力しながら、 幅広い仕事をこなしていきます。

病院・医療 栄養士

中学・高校教員

家庭・理科・保健体育 高等学校教諭一種 中学校教論一種

中学・高校の家庭・理科・保健体育の免許を取得して、中学・高校の教諭として教育現場で食と健康を広く伝えていくこともできます。